ご無沙汰しておりました

「もしかしてこのまま休止?」と思われても仕方がないほど
長い間ブログ放置の状態になっておりました(^_^;)
(ご心配をおかけしていたとしたら…)どうも申し訳ありません。
9月を目前にしてやっと落ち着いて、再スタートできるかな…という感じになってきました。

この夏、私の24時間を完全に支配していたのは小学生の2人の子供達。

大人の私の繰り出す付け焼刃のような?!理屈なんて通用しない、
そのくせ私が発する「気」には敏感に呼応する相手。
―そう、皮膚感覚で察知する本能をまだ手放していない子供達には
ごまかしがきかないのです。

素のタマシイとタマシイをぶつけあい、時にはその温かさを確認したり…。
そんな中で、ちょっとずつ肩の力がぬけて飾らない「素」の自分と向き合うことができました。

どこかに置き忘れたものが今になって草むらの中から姿をひょっこりあらわす…なんて感じで、すぐ足元にある大切なことに気づかされた日々。

ふと我に返って自分を眺めると、背伸びアリ、取り繕いアリ、「こうであらネバ」なんて自分を鼓舞しているようで心が堅~くなっていたり。
そんな自分の不自由さや未熟さに気づいたりして。
あ~、私って可愛げないなぁ。

心の支えになる信念は持ってもいいし(私はといえば…「信念」というほど大仰じゃないけれど、心のよりどころとなる「理想」はお守り代わりに携えていたい)、
ここでは何が何でも!というフィールドがあってもいい。
でもそれに凝り固まってしまうようではオトナ度合いはヒヨコ級かも(笑)

となりにいるとつい口を開きたくなるような柔和な空気を纏っているヒト、
とでもいいましょうか。
そんな優しい風のようになれたらなぁ…なんて。
(「気骨」はシフォンにくるんで胸の中に 笑)

手綱は締めすぎず、緩めすぎず…素敵な大人になるって、難しい!
はるか先にぼんやりと見えるその領域へと、じっくりと時間をかけて…。
そんなコトを感じた2011夏なのでした。


e0205879_1173116.jpg

このところ関西はやたら暑くって。
秋の気配はまだまだ…というところですが、
この「篭口(ろうぐち)」だけがひとり気を吐いています。
私には届くことのない秋の声が聞こえているのでしょうか。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪




e0205879_028622.jpg私のもうひとつのブログ 
…ガーデニングや暮らしの愉しみが中心の
「Mon Jardin et Ma Maison」
もどうぞご覧下さい。

(←ロゴをclickするとジャンプします♪)
[PR]
by grandbleu2010 | 2011-08-30 01:23 | 日々のこと
<< 支えられる「言葉」 「読書」という妙薬 >>