2011年 03月 16日 ( 1 )

今はまず被災地へ

e0205879_124918.jpg


昨日、近所のお店に足を運ぶと驚いたことにミネラルウォーターが
売り切れ状態。

ここは大阪なんです。
ティッシュやトイレットペーパーという日用品から
乾電池までが品薄というのは一体どういうことなのでしょう。

関東では物資の不足がずっと深刻なようですから、そちらに住む困っている家族や友人に送ってあげよう…というのなら理解できるのですが、
どうやら理由はそれだけではないようです。

今回の震災を機に備蓄をしようという意識が高まっているようなのです。

このような大きな震災を目の前にして、
「もし自分が直面したら…。」と考えれば、備蓄に走りたくなる心理も
分からなくもありませんが、
この時期に必要以上の備蓄をすることがどんな結果をもたらすのか、
それは今本当にしなければいけないことなのか…。
私達は一歩引いて考えたいと思います。

ニュースによれば、経済産業省によると、食料品やガソリンは十分な在庫や備蓄があり、当面は供給不足の恐れはないということ。

「買い占めで店頭の商品が品薄になり、それを見た消費者が供給不安を懸念して買い占めに走る」という悪循環が起こっているようなのです。

このような結果として、被災地に必要なものが届けられない懸念が指摘されています。

何よりもまず被災された地域の方々のことを第一に考えなければならないこの時期、片方で募金や節電を心がけていたとしても、
その行動は…矛盾を生んでいないでしょうか?
私も「必要以上に買い込まない生活」、意識していきたいと思います。
[PR]
by grandbleu2010 | 2011-03-16 01:45 | 日々のこと